.花粉症に悩まされている人は多い?

みなさんの周りに花粉症に悩まされている人はいませんか?
花粉症は誰にでも発症する病気なので、自分は大丈夫だと思っていても突然症状が現われる可能性があります。
死にいたるような病気ではありませんが、日常生活に大きな支障をきたすので非常にやっかいです。
主な症状はくしゃみ・鼻水・涙・目の充血・目のかゆみ・目の腫れといったものです。
場合によっては皮膚や喉にかゆみを感じたり、下痢を引き起こすこともあります。
このような症状に悩まされている日本人は約25パーセントだといわれているので、4人に1人は花粉症だと思ってください。
単なる風邪だと思って毎年過ごしている人も多く、治療をせずにそのまま生活をしている人もいます。
花粉症の発症原因はスギやヒノキなどの花粉です。
花粉が体内に入り、アレルギー症状を起こすことで症状が現われます。
また花粉症というと大人がなるイメージが強いですが、最近では子供がなるケースも増えています。
そして、花粉症は春にしか発症しないと思っている人も多いですが、これは誤った知識です。
実は1年中、何かしらの花粉が舞っているので他の季節でも発症する危険があります。
冬に症状が現われると風邪のような気がしますが、実は花粉症という可能性もあるのです。

 

 

 

花粉症の治し方は?

花粉症かもしれないと感じた場合、真っ先にしないといけないのが受診です。
そのまま放置していると症状が悪化して、治るものも治らなくなる可能性があるので、早めに病院に行きましょう。
病院に行くと主に薬を使った薬物療法による治療が開始されます。 例えば、鼻の症状には抗ヒスタミン薬・メディエーター遊離抑制薬・抗ロイコトリエン薬・血管収縮薬・ステロイド薬を使用することが多いです。
目の症状にはメディエーター遊離抑制薬や抗ヒスタミン薬抗といったアレルギー点眼薬、ステロイド点眼薬が使用されます。
症状の現われ方によってどの薬を使用するのかは異なるので、医師と相談しながら決めることになります。
ただし、薬を使用したからといって完治する訳ではありません。
あくまでも症状を抑えるための薬なので、飲み続けても症状は現われると思ってください。
また花粉症の薬に限らず、薬には副作用があります。
花粉症を抑えることができても、次は副作用に悩まされるというケースも少なくありません。
よくあるのが眠気や口渇、イライラ、不眠、吹き出物といったものです。
強い眠気を現われることもあるので、薬を飲んだ時は車の運転を控えるようにしましょう。
薬物療法で改善しない場合、レーザー手術をすることもありますが、こちらも完治はできないのであくまでも症状を抑えるだけです。

 

 

青汁で花粉症対策

最近、花粉症対策として注目されているのが「青汁」です。
青汁を飲み続けることで症状を改善させることができますし、上手くいけば発症を防ぐこともできます。
そのため、花粉症に悩んでいる人は青汁を飲んでみるというのも1つの方法です。
個人差はありますが、劇的に改善する人もいるので飲まないよりは飲んだ方がいいでしょう。
ただ、ここで気になるのがどうして青汁が花粉症に有効なのかです。
青汁というと野菜不足の解消やダイエット・美容効果のイメージが強いと思います。
実は青汁には花粉症を抑える成分が含まれているのです。
青汁の主原料として有名な野菜の王様「ケール」には糖脂質とフラボノール配糖体という2つの成分が含まれています。
この2つの成分にはアレルギー反応を抑制する働きがあります。
ケール以外の原料にはこの成分が含まれていないので、花粉症対策として青汁を購入する場合は必ず原料にこだわりましょう。
大麦若葉や明日葉の青汁を飲み続けても花粉症は改善しません。
近頃では飲みやすさが重視されているため、クセが強いケールよりも大麦若葉や明日葉を使った青汁が増えています。
確かにケールはお世辞にも美味しいといえるものではないので、飲みづらいと感じることもあるでしょう。
しかし、ケールだけにしか花粉症を抑える成分は含まれていないため、我慢するというのも時には大切です。
また、飲みやすいケール青汁も販売されるようになってきているので、きちんと選べば美味しく飲めるかもしれません。

 

 

青汁で花粉症を対策するメリット

花粉症対策はいくつもありますが、体の内側から改善するというのが最も効果的です。
青汁を飲み続ければ、体質を改善することができ、花粉症に負けない体を作ることができます。
そして、青汁には他の花粉症対策にはないメリットがあります。
病院で処方された薬を飲むことで効果的に症状を抑えることができます。
ただここで注意したいのが副作用です。
どの薬にも副作用があるため、飲んでいる間は眠気や口渇、不眠といった症状に悩まされる場合が多いです。
だからといって服用を中止してしまうとまた花粉症の症状が強く現われてしまうので飲まない訳にはいきません。
車の運転をしない人ならいいですが、万が一眠気が襲ってきた場合、仕事柄どうしてもしないといけない人だと困ってしまいます。
さらにこういった副作用が出てしまうと学校の勉強にも集中することができません。
そのため、あえて薬を使わない人も多いです。
一方、青汁は健康食品に該当するため、薬とは違います。
飲んでも副作用が現われることはないので、集中力が低下したり、眠気が襲ってくることもありません。
そして、青汁に含まれている野菜のエキスを摂取することで、不足しがちな栄養も同時に補えます。
野菜の栄養を摂取すると免疫力をアップさせることができ、花粉症の発症を予防することができます。

 

 

花粉症に効果がある青汁の選び方

青汁が花粉症に効果があるからといって、どれを選んでもいい訳ではありません。
しっかりと吟味しないと改善しないので注意してください。
最も重要なのはケールが入っていることです。
他の原料には花粉症に効く成分は含まれていないので、絶対にケールの青汁を購入しましょう。
特にケールを主原料、またはケールだけで作られている青汁がおすすめです。
最近ではケールのクセを消すために大麦若葉や明日葉といった原料を多く使用する傾向があります。
そういった青汁だと確かに飲みやすいですが、ケールの良さが消えてしまうので、ケールオンリーが理想です。
ケールだけだと飲みづらいと感じるかもしれません。 しかし、中には飲みやすいものもありますし、牛乳や豆乳、
野菜ジュースなどを利用すれば美味しく飲むことができるので安心してください。
そして、花粉症に効く青汁を選ぶ場合、価格も重要になります。
いくらケールがたっぷりと含まれていて花粉症に効果があっても価格が高いのであれば、飲み続けることができません。
即効性がある飲み物ではなく、長期間飲み続けないと花粉症を改善させることはできないので、
なるべく続けやすい価格のものを選ぶというのが大切になってきます。

 

 

青汁以外の予防方法

花粉症を青汁だけで改善させるのは難しいです。
他の予防方法と併用することが効果的な花粉症対策のポイントになります。
まず、出かける前にテレビやインターネットなどで花粉状況をチェックしてください。
その日によって花粉の量が異なるため、あまりにも酷い場合は外出を控えるようにしましょう。
特に13時~15時の時間帯は飛散が多いので、用事がない限り出歩かない方がいいです。
もし、外出する時は帽子や眼鏡、マスクなどで完全防備してください。
コートを着る場合はツルツルした素材の方が花粉が落ちやすいのでおすすめです。
帰宅時は玄関前で体に付着している花粉を落としてください。
そのまま室内に入ってしまうと家が花粉まみれになってしまい大変なことになります。
さらにきちんとうがい・手洗いもしましょう。
花粉が多い場合は窓を開けないといったことも大事ですし、布団を外に干さないというのも重要です。
天気が良いと窓を開けたり、布団を干したくなりますが、それが原因で症状が酷くなる可能性があるので我慢してください。
玄関で花粉を落としたつもりでも全てを落としきれていないことがあります。
そのため、こまめに室内の掃除をするというのも花粉症対策のひとつです。
便秘解消法教えます。